HOME>イチオシ情報>マンション売却の相談は大手と地域密着型にお願いしよう

マンション売却の相談は大手と地域密着型にお願いしよう

男女

1つに的を絞るよりも多くの情報を得ることができる

マンション売却で売る側が一番気になるのがその審査額ではないでしょうか。どうせ売るなら少しでも高く売りたいはずですが、一見すると立地や建物の価値に関してどの業者に依頼しても同じと考えてしまいますが、実際にいくつかの業者に見積依頼すると評価額にバラつきがあります。その為、売買をしようとする場合、大手の不動産仲介会社と地域密着型の中小規模の不動産仲介会社に見積依頼をしましょう。特に兵庫の様に人口密集地でさらに人気がある地価の高い地域では多くの情報を得ることが評価額を上げるコツです。大手の仲介会社に依頼すればより広い範囲で広告が可能なので、少しでも早く売却をすることが可能になります。それに、全国標準の価値を知る事ができますし、地域密着型の場合は実際のその地域のリアルな情報を得ることができます。

マンションと人

どちらにもメリットやデメリットがあることを知っておこう

兵庫の様に全国的にも人気のエリアのマンション売却を考える場合、大手の不動産仲介会社に依頼する場合と地域密着型の不動産仲介会社に依頼する場合にはそれぞれメリットとデメリットがあります。まず大手に依頼する場合は全国規模で、もしかすると世界規模で売り手を探すことができるので、売却までのスピードが非常に早く、広告費も多くかけます。また業界の最新の情報が集まる場でもあります。デメリットとすれば非常に多くの案件を抱えているので担当者との関係性がドライになりがちで仲介料が高めです。地域密着型は地域独自の情報を持っていたり、非常に顧客とのつながりを大切にしてくれたりする場合が多いです。デメリットとしては得意不得意分野があったり最新の情報を知らなかったり少なかったりします。